災難や危機の回避から厄除けまで~天眼石のちから~

 

tenganseki1

 

天眼石は魔除け&邪気払いの石としてよく知られています。

石の表面がまるで人間の眼の玉のように見える事から女性の中には好まない人もいます。しかし、その「眼」が鋭い効果を発揮してくれるのがこの天然石の大きな特徴といわれます。まるで天から地上の万物を見射るような石は天眼石以外にはないといえます。それ故、古来チベットでは「法具」や「護符」として用いられたとされています。

また、現代社会では事業や仕事の成功にも強くサポートしてくれる効果もあります。これは天眼石がビジネスチャンスを逃さずキャッチしてくれる「眼」をもっているからだと言われています。

 

一方、現在は地球規模で異変や戦争、そして天災が続きつつあります。その中で人間が一番恐怖を感じているのは気象異常による天災ではないでしょうか?もはや古来の人類たちが恐れながらも受け入れた天災では無いと思います。人間達が人類のためだけに進化を望み続けたツケとしての天災であると思います。

これらを反省しつつ悪しきものは拝受しながら人は生きなければなりません。そして個々の人間が自分自身で考えなければならない事はなんでしょうか?

それは小さい事かもしれませんが自分で考え行動するということです。

危機に面した時にどう考える?そして行動する?それは日常の生活の中で常に頭の中にインプットしておかなければなりません。また、あなたの住んでいる地域や地形が災害に対して危険な場所か、または安全な場所か把握しておきましょう。そしていざという時にはお互いを想い助け合う精神にあると思います。

天眼石は危機や災難の時に絶対的な効果を発揮します。

 

tenganseki2

 

天眼石は危機や災難をいち早く「キャッチ」する強いエネルギーをもっています。また平時でも持つ人のコアを強め、意志を強く即してくれます。第三の眼とも呼ばれるように持ち主自身が周りや己をまるで透視するかのように見つめるようにさせてくれるからです。

 

「黙して語らず」という言葉があります。

この言葉の意味は決して話さない事ではなく「眼は口ほどにものを言う」と同じ様に眼でキャッチし、頭で鋭く考え、すでにいつでも行動はおこせるということだと思います。

チベットで天眼石は「天から降ってくる石」といわれ、とても有名な天然石として知られています。

それと同時にダライラマ14世がいつも身につけている石としてノーベル平和賞受賞で世界に広く知られました。彼は世界平和を目指し、その目標達成を後押ししてくれる天眼石を身につけているのでしょう。そして日々それらの難題に立ち向かって大義を果たそうとしています。

日常生活や万が一の危機の時に持ち主とともにそれを乗り越えてくれる天眼石はブレスとして身につけることで自分自身の身を護ってくれる心強いパワーストーン天然石のひとつです。