9月の誕生石・ラピスラズリの効果

 

septemberrapis1

 

9月の誕生石・ラピスラズリは古来から人間に最も愛された高貴な天然石と伝えられています。

古くはメソポタミア文明で聖石とされていました。また古代エジプトのツタンカーメン王のマスクの青いラインはラピスラズリといわれています。レオナルド・ダビンチの最後の晩餐でもラピスラズリを用い、ブルーの色として使われています。日本では古来から瑠璃石とよばれ水晶と同様に重宝された歴史があります。

このような歴史からラピスラズリには最高のパワーが宿っているといわれます。

 

ラピスラズリのエネルギーは邪気をはねのけ、幸運を招くといわれます。同時に強い浄化の力が働き、もち主を守ってくれます。

さらにラピスラズリに含まれている金色のパイライトはチャンスを呼び込む力を持っています。そのため、仕事運や金運そして商売繁盛のエネルギーを高めてくれます。

そしてラピスラズリ最大の効果は気を増強させるパワーです。

風水ではラピスラズリを「青龍石」と呼び、五行の木の気・金の気・土の気を司るとされています。木の気を強くする事で仕事運・人間関係・若々しさをUPさせてくれます。またラピスの特徴としてもち主が本当の意味で成長出来るように試練を与えます。人間それぞれが持つ業や因果に気づきそれを乗り越える精神力を高めてくれるのです。

その高められた精神力は直観力や創造力として働いてくれます。9月の誕生石・ラピスラズリはもち主を本当の意味で高次元に導いてくれる天然石なのです。

ラピスラズリは9月生まれの方々を高潔な存在へと導きます!

 

septemberrapis2

 

そのラピスの効果の象徴のような男性タレントが東山紀之です。

彼は小6の時、渋谷でジャニー喜多川が自らスカウトした数少ないタレントの一人です。少年隊でデビューするまでの間に歌やダンスの稽古をする傍ら、先輩タレントのバックダンサーも務めたようです。ソロで活動するようになってもその頃に稽古したバク転、側転バク宙、高台からのバク宙壁宙をドラマや番組で披露しています。

そしてラピスラズリがもち主に課す試練のような事を彼は自らのルールとしています。

体脂肪率は10%以下をキープ、腹筋は1日1000回、1ヵ月に100Km走る事を20年以上欠かさず続けているのです。ジャニーズ事務所恒例「DLAYZONE」では足の甲を骨折したにも関わらず、1日も休まず千秋楽まで踊り役をこなしたそうです。時代劇でも歴史上の人物を演じ、その時の共演者と親交を深め現在に至っています。

1999年スキューバダイビングを始めアドバンスライセンスを取得。2005年4月開催「JALホノルルトライアスロン2005」に出場し、初挑戦で目標の4時間を上回る3時間3分11秒で完走。2009年6月にボクシングをやると決意。そのきっかけはジェームス・ブラウンやジャッキー・ウイルソンがボクサーであった事から興味を持ち始めたそうです。

ボクシングは芝居をする上で相手との距離感をどう保つか、どのように呼吸を合わせるかという面で非常に役立ち重要と考えたそうです。彼自身の目標は精神、肉体そしてダンスのパワーを維持し、高める事です。具体的には王貞治の精神、ブルース・リーの肉体、マイケル・ジャクソンの軽やかさ(ダンス)。

他にも数々のエピソードや達成した事実がありますが、上記の事だけでも常に自らに負荷をかけ、そのために努力をして達成する姿があります。

 

septemberrapis3

 

昔の人は「男の顔は自分で作る」と言ったそうです。

何も見た目だけのイケメンを指す事ではありません。この言葉の意味は自分を律し、常に前を向き努力を怠らないと自然と良い顔の男になると私は解釈しています。彼(愛称ヒガシ)は40歳を過ぎ、二女の父となっても生活臭や加齢臭など全く感じさせません。

これはまさに自分自身を律し続ける、高潔なラピスラズリのような男性だと思います。これからの時代はこのような男性が日本の「男の代表」と言われるようになると確信します。

9月生まれの方々で自分を律し、さらなる高みを目指したいと思っているならラピスラズリはその際の強い味方となってくれる天然石です。

 

☆9月誕生石ラピスラズリを詳しくみてみる