潜在能力に働きかける3つのパワーストーン

アクアオーラクリソプレーススモーキクオーツ

これら3つのパワーストーンは潜在能力をもち主から引き出す大きな力を持った天然石です。

 

アクアオーラ

 

senzainoryokuaqua1

 

この天然石は水晶の仲間です。水晶は浄化や邪気を払い除け、良い運気だけを取り込んでくれます。そのため、お守りとしても多くの人が身につけています。その澄みきった薄い水色のアクアはもち主の心を綺麗にして、もともと持っている潜在能力を引き出してくれます。

 

クリソプレース

 

senzainoryokucrisopu1

 

古代マケドニアの英雄アレクサンダー大王が身につけていたと伝えられる天然石です。強運と勝利をもたらす石と言われ、大王はペルシャを支配し、その力はエジプトまで制したと言われています。この天然石は持つ人の才能を最大限に引き出し、その能力を開花させてくれます。結果として夢や自己実現を大きくサポートしてくれます。

 

スモーキクオーツ

 

senzainoryokusmoky1

 

別名・煙水晶と呼ばれています。水晶の一種なので万能の力を発揮してくれます。特にストレスを解消し、体と精神を安定させるパワーを持っています。さらに気力・忍耐力が強化され、もち主の潜在能力を引き出し高め、目標達成のための努力をサポートします。

誰にでもある潜在能力を引き出すポイントとは?

 

「武士の献立」という映画は大変痛快でまるでこれらの天然石を彷彿させるストーリです。

半沢直樹で一代ブレイクした堺雅人が主演した「武士の家計簿」でメガフォンを撮った監督作品です。この映画はまるで上記の天然石のような潜在能力を引き出すストーリーのようなのです。

それは江戸時代の加賀藩につかえた実在の包丁侍のお話です。

潜在能力のもち主は高良健吾扮する舟木安信。天然石のように潜在能力を引き出すのは安信の妻上戸彩扮する春。安信の父は西田敏行扮する舟木伝内。母は余貴美子扮する満。

包丁侍とは料理で将軍家や大名家に仕える武士を揶揄した呼び方です。武士としては足軽に近い身分です。しかし、君主や徳川家将軍に食してもらうという重要な仕事です。現代で言えば五つ星シェフのような存在なのです。ところが安信は兄の急死により家督を継がなければならなくなり剣の道を閉ざされ、さっぱりやる気がありません。そこに嫁として迎えられたのが春です。春は加賀藩主の側室のお女中として料理や家事で腕を揮っていたのが父伝内の目に止まったのです。伝内は勿論五つ星シェフです。

しかし、息子は全くやる気が無くそのDNAにも気づいていない。年上の妻である春はそれに引け目を感じ心の中でヤキモキしながらも漫然と生活しています。でも毎日の食事は抜群の腕で姑の満をうならせます。

その春に力を発揮するタイミングに遭遇する時が来たのです。

徳川将軍や譜代大名を招き加賀藩ならではの郷土を思わせる料理を作る大行事です。それは現在のコース料理と同じで尚且つ加賀藩ならではのお料理コースです。父伝内は命がけしかし安信はおじけずいてビビッています。

そこでダメ亭主のために力を発揮したのが春です。春の特訓の日々が続き安信は自分の役目に目覚め奮起してメキメキ料理の腕を上げて行きます。そして当日、彼は見事にその重責を果たしたのです。将軍や諸大名のおほめの言葉に伝内はひと安心するのです。

安信も妻の内助の功に感謝しつつ自身もその自覚に目覚めて行きます。こののち安信は父を超え明治に至るまで七代にわたり加賀料理人を務めました。父との共書「料理無言抄」や「ちから草」が今も加賀には大切に保管されています。

全くもって春はなんと慎ましくも優しく賢い妻でしょう。この映画はこのようなさわやかな清々しいストーリーです。その中で妻はしっかりと夫を支え盛り立てて居るのです。

 

この春の数年に渡る奮闘を見て上記の3つのパワーストーンの働きのように思えて成りません。

 

senzainoryoku1

 

安信に限らず、人には必ず潜在能力が宿り眠っているのです。アクアオーラやクリソプレーズ、スモーキクオーツがその潜在能力を引き出してくれます。

 

仕事は自分のためではなく誰かのためにやるとプロフェッショナル達はいいます。

自分の潜在能力を引き出すために何を考え、何をなすべきか?

その行為が先の自分の仕事や人生の成功に繋がると確信します。