健康運をグーンとアップ!伊勢神宮の御神杉ブレス

 

gokamusugi1

 

伊勢神宮は日本の最高峰の神社としてしられています。また万人に御利益があるありがたい神社でもあります。

 

その地で育った「杉の木」でつくられたのが御神杉(ごかむすぎ)ブレスです。

パワーストーンのブレスはいまや老若男女をとわず身につけられています。しかし中には石の肌ざわりや色合いに多少抵抗のある高齢者がいらっしゃるのではないでしょうか?そのような高齢者には杉の木の御神杉のブレスはむしろ抵抗なく喜ばれると思います。木のもつ「ぬくもり」が身につけるとあたたかく伝わるからでしょう。

また年輪をかさねた高齢者には伊勢神宮の存在は非常に大きいと思います。配偶者に先立たれた親御様や高齢の叔父様・叔母様にはお数珠は日常的に御自分の身の傍に置かれています。そのお数珠を思わせる御神杉のブレスは身につける人が最優先する「願い」を導いてくれるパワーをもっています。

伊勢神宮の御神杉ブレスは高齢者へのプレゼントとして人気!?

 

伊勢神宮の御神杉ブレスには「地」や「気」のエネルギーも大きくあります。地や気のチカラは持つ人の気を上げ、元気にしてくれます。子供をもつ親達は健康が第一なはずです。

そして年を重ねた高齢者は切実に御自分の健康を願うものです。同時に高齢の親の健康を願う子供さんも多数いらっしゃる事でしょう。

そんな親や身内のお年寄りにいつまでも健康でいてもらう願いを伊勢神宮御神杉ブレスはサポートしてくれます。なぜなら、御神杉ブレスには最強のパワースポットと言われる伊勢神宮の敷地で育った神宮杉のパワーが宿っているからです。

御神杉ブレスは高齢者に好まれるミリ数の小さいものがあります。また色合いは木が本来もつ茶色やまた白っぽいものです。親や親族の年配者の好みに合わせて選択することができます。私は自分を育ててくれた親や幼少期から可愛がってもらった叔父様・叔母様に大人になってからも改めて感謝の気持ちが心の中に大事な記憶として残っていました。

伊勢神宮の御神杉を心からのプレゼントに♪

 

人には見えないものがあります。

 

見えないものは「心」の中にあるものです。しかし、時として心の中にあるものを形として表現しなければいけない場合もあります。自分達の子供がこうした表現をしてくれた時、親や叔父様・叔母様は自分の子供の気持ちを大変嬉しく喜んでくれるものです。

今年、私は義母に母の日のプレゼントとして伊勢神宮御神杉のブレスをプレゼントしました。義母はお伊勢様のブレスに大感激してくれました。

その姿をみて私自身もパワーをもらい、これまで感じたことのない温かく嬉しい気持ちが込み上げてきました。