富裕層だけが知っている風水四神の最強パワー

風水学は人間の生活に活かせる大変有効な教えではないかと思います。

例えば人体に及ぼす陰陽のバランス。

これは西洋医学では交感神経と副交感神経の働きとバランスを指します。 東洋医学でも自然が与える心身の影響ととらえ陰証(病気への抵抗力が不足)陽証(病気に対する反応が強い)と考えられます。人間の心身に最も影響を受けるのは年間でも昼夜の寒暖の差が最も激しい5月に自殺者が一番多いとも言われます。 なぜかというとこの時期は陰陽のバランスが一番変動するからです。

これらの事もふまえ、風水の教えの柱になっているのは五行です。五行とは(木、火、土、金、水)と順にまわり運気を高める考えです。

 

shizin1

 

そしてその五行を支えているのが四神相応(しじんそうおう)です。

四神とは東に青龍、西に白虎、南に朱雀(すざく)、北に玄武を位置しています。 青龍は水の神とされ、強運の象徴で財運や出世をもたらす絶大なパワーを持つ神といわれます。白虎は地位や家庭運、財運を豊かにする神とされています。 朱雀は災難、災厄というあらゆる邪気を払い幸運をもたらす神とされます。 玄武は子宝に恵まれ無病息災そして長寿へと導く神とされます。

この四神が東西南北に位置し、中央に黄龍が宿るとそのパワーは最大級となります。 そのため、古来中国の権力者は都の東西南北を四神で固め人民を初め国を治めたと伝えられます。

あなたの人生に四神のパワーを取り込むには?

 

四神の神々を彫り込んだパワーストーン天然石ブレスは最強のパワーを発揮するといわれます。

人間は土に属していて腕を四神が彫り込まれたブレスに通す事により黄龍が宿るといわれます。 特に水晶はあらゆる運気をもたらし、もち主にとって最強の味方となります。また水晶の他に願をかけた天然石を組み合わす事により、より一層パワーが強化されます。金運上昇の天然石ルチルクオーツやタイガーアイと組み合わすのも良いでしょう。

仕事や学業で成果を出したいと願う人には発想力のアズライトとエネルギーの安定を即してくれる ハイパーシーンが最適ではないかと思います。また働く人にはビジネス運、勝負運、財運を上昇させてくれるブラックタイガーアイがパワーを 発揮してくれます。

 

風水四神はもち主のためにパワーを余す事なく発揮し、常に青龍が司令塔の役割を果たしてくれます。

現代社会はグローバル化が進み、世界の国々の多く人達が各国に進出して働き、中国は欧州やASEAN諸国に経済開発を促進しています。当然、経済を中心とした競争では生き残りをかけた戦いがより一層激しくなってきています。

一方でEU諸国はテロの脅威にさらされ、各国の国民は危機に直面しています。

このような時代にはそれぞれの人の願望(仕事で成功したい、富を得たい)それよりも身の安全を一番に考える人や何より健康でありたい人とあらゆる願いが生きている人達の日々の生活の中に潜在意識としてあると思います。

こうした意識は当たり前であり、また一方でなかなか叶わず危機管理意識も国はもとより個人としても常に念頭に置かなければなりません。だからこそ四神のパワーを味方につけ、個々人の願望や身を守らなければならないのです。

身につけたもち主がどう考えどう願うかにより行動や言動にも違いができ、運気のUPや身の安全にも差ができるのです。

 

shizin3

 

過去に角川書店の創立者の角川源義は東京杉並区荻窪に角川庭園・幻戯山房を建築しました。

今現在はTVの百年名家でも紹介されていますが近代数寄屋建築として高い評価を得ています。その名家の玄関はわざわざ東側に位置しています。 多くの文化人の邸宅を構える住宅地の中でひときわ眼を惹くその建物は確かにモダン建築物です。

しかし東側に玄関を配置するという事は文化人で商売人である角川氏は運気とお金を取り込む東、つまり青龍を大きく意識して配置していると思わざるえません。四神のパワーを信じた山崎直子宇宙飛行士はそのお守りを身につけ2010年ディスカバリー号に乗り込み、ケネディー宇宙センターから飛び立ち見事に無事帰還されたのです。

このように古来から現代へと四神の教えは確かに強いパワーを持ち人々に根強く守り続けられ、強い支持を得ているのです。