財閥・華僑が好む仕事&ビジネス運を向上させるパワーストーン

 

rutile1

 

華僑の約80%が東南アジアに移住をしています。またその子孫も同様で華人ともいわれます。

東南アジアのマレーシア・シンガポール・マカオ・ベトナム・タイなどたくさんの国で華僑は活躍しています。

 

彼らの出身地は福建省や広東省の出身者が最も多いといわれます。移り住んだ土地で血縁や地縁により集団的社会を構築してきました。その経済力はすさまじく、自国に送金をしたり様々なな運動にも協力しているそうです。大城太著「一生お金に困らない華僑の思考法則」の文中にもあるように華僑には独自のビジネスに向かう「基本理念」があります。

おおまかに「絶対にひとりでビジネスをしない」・「スケジュールを埋めない」・「納期や期限のコントロールをしない」。これら3つの「法則」に基づきビジネスを成功させ、財閥といわれるようになりました。しかし、このセオリーは経験値が高い華僑同士の取引には全く使わないようです。それはお互いが確実に狙い見抜く事が可能だからのようです。駆け引きのうまい華僑財閥のなせる「技」といえるでしょう。

 

その財閥とよばれる華僑が身につけ「繁栄を呼ぶ石」と信じられている天然石パワーストーンがあります。

それがルチルククォーツです。

なぜ華僑はルチルクオーツを好むのか?

 

rutile2

 

天然石愛好家であれば知る人ぞ知る「金針入る」といわれる天然石パワーストーンです。

中国人や華僑が愛してやまない天然石は翡翠といわれます。しかし、今やルチルクオーツは華僑の「必須アイテム」といえるでしょう。ルチルはブラジル産が最高級といわれ、希少価値の高い天然石です。そのため、必然的に価格も非常に高く「タイチンルチル」にいたってはなかなか欲しくても購入できる値段ではありません。

しかし、目の肥えた華僑の財閥は「ブラジル産」で最高級のルチルしか買い求めないようです。それはルチルの効果をよく知っているからです。そして華僑の「商魂」という魂に訴えるものがあるからだといわれています。

 

そしてルチルは「金運&財運UP」そして「勝負強さ」というビジネスに最も必要な大きな効果があるからです。

また華僑はお互いがビジネスで取引をする際に相手がどんな「ルチル」を身につけたり知識があるか?、ということで経済力を計るといわれます。

 

rutile3

 

昨今では世界の経済界のトップを走るのは華僑財閥といっても過言ではないといわれています。さらに過去においてその勢いは財界のみならず政界にまで影響力を及ぼしたといわれます。

シンガポールの初代首相リー・クアンユーは華人です。彼はシンガポールを大きく改革し、多大な経済効果を生み出しました。外国資本誘致・インフラの整備・教育などです。特に教育では人種別公用語に英語を定め、公立学校の授業にも英語を取り入れました。

また多民族のため生徒自身の民俗語の授業も行いました。それだけではなく、「緑あふれる街」を目指し、観光客が多数訪れる国にもしました。次世代の「グローバル化」を目指したのでしょう。世界を相手に戦える国にしたともいえるでしょう。

 

このような一例をとっても、華僑や華人が多様な発想やそれを実現化する行動力にいかに優れているかがわかります。

そしてその世界的活躍の裏には華僑や華人が信じて必ず持っているといわれる天然石ルチルクオーツの存在があるのです。

 

rutile4

 

日本でも華僑達は横浜中華街などを筆頭に多岐に渡り活躍しています。どこの国に住もうとも彼らはルチルを「家宝」として子孫にも伝えているといわれます。

映画「ペコロスの母」には長崎の華僑の風習である旧正月の行事「ランタンフェスティバル」がラストシーンにでてきます。とても華やかで心温まる美しいシーンです。ストーリーと相まって華僑達が本国の伝統を重んじ、そして他国でも力強く成功しようとする気迫が感じられました。

 

現代社会では精神を鍛え、経済力を高めることが成功と言われています。しかし、その成功した経済力を身近な人達のため、自分の愛する人達のために使う。

そして最終的に社会のために貢献することが真の意味での成功といえるのではないでしょうか?まさに世界中で活躍する華僑はルチルクオーツとともにこうした成功を具現化した存在だと思います。

 

☆ルチルクォーツを詳しくみてみる