手遅れるになる前に!ビジネスマンの健康運(心と体)をアップさせるパワーストーン特集

 

businessman1

 

半沢直樹で反響のあった池井戸潤の著「オレたちバブル入行組」はバブル期に就職をした男性達のストーリーです。

この本は半沢直樹の前作となります。バブル期には俗語で青田買いと言い、とにかく人材数を企業が確保してしまい大量の新卒者が就職しました。その後バブルがはじけたとも知らず、多くの日本人は浮かれていたのです。しかし、はじけたバブルのリバウンドのように就職氷河期や超就職氷河期と続き、依然として就職難は続いています。

就職したとしても過剰な労働や責任を持たされ体を壊し、企業を辞めざるえない人も多くいます。企業の方は買い手市場でドンドン使い捨ての時代も続いたようです。近年になりやっと人材の大切さに気づき、見直すという考えが浸透しつつあります。一方でデフレ現象から派遣社員という企業にとって都合の良い人材の使い方も定着しています。

 

最近、内閣が若者を大量採用するブラック企業を求人広告から排除するという動きも報道されました。しかし、依然として企業に属している働き盛りの男性は家庭など顧みず、仕事人間として生きなければならないのが現状です。

頭の中は仕事、仕事で電車通勤の毎日なのです。家を買ったりした男性は当然職場から遠い場所で深夜帰宅は当たり前になります。その深夜帰宅の原因は通勤時間の長さと残業です。働き盛りの男性の特徴はアフター5などもってのほかなのです。この世代は気の毒なくらい仕事人間で趣味など考えられないのだと思います。

そのような世代は企業戦士として生きて来たのですから仕方がないのかもしれません。

 

businessman2

 

その時代感覚の男性がハッと気がついたとき、体調がおかしくなっているのです。前兆として体がだるいとか何かおかしいと気づいているはずです。でも悲しい事に男性は認めたくないという弱い所があります。

よく密かに育毛剤を使っている男性がいます。また植毛も試みているという気の毒な男性も然りです。このようにはげるのはズバリ男性ホルモンの関係で男なら遅かれ早かれ皆が通る道です。

 

ところが健康を害して長期療養どころか自主退職にまでなったらどうなるでしょう?

働けない男性本人だけではなく家族が窮地に陥るのです。男性が心身共に健康で元気でいる事は大事な責任でもあるのです。もちろん変調に気がついたら病院へ行くべきです。ところが男性の場合は二極化しているようです。ひとつめは病院嫌い、ふたつめは病院直行型です。

 

でもその前に日頃からサプリメントを使うように心のサプリも必要だと思います。

心のサプリとは言い変えれば安心材料です。この安心感があると気持ちが安定すると思います。

その役目を担っているのが天然石パワーストーンです。こうした天然石パワーストーンは働く男性(ビジネスマン)の健康に最大限の気配りをしてくれます。

そのパートナーとなるべく天然石を下記に紹介します。

働く男性の健康に良い天然石パワーストーン

 

アンバー

 

businessmanamber1

 

和名では琥珀といいます。内包に植物の樹脂が何千万年も前から眠っているのです。古代ギリシャやローマでは神聖な石と呼ばれ護符とされました。見ているだけでも気持ちが癒されポジティブにしてくれます。そのため仕事や体調が悪い男性の気の落ちこみにストップをかけてくれます。仕事で鬱にならないようにしてくれる働きもあります。

 

ギべオン

 

businessmangibeon1

 

この天然石は隕石です。はるか彼方の宇宙から飛来したギべオンは自然界のパワーを運んでくれます。太陽や月、山脈、海というそれぞれ自然の力をもち主に運び健康体にしてくれます。人の考えや悩みも自然から見たら小さい物と思うようになります。

 

ガーデンクオーツ

 

businessmangardenquartz1

 

和名では庭園水晶といわれます。ガーデンクオーツはまるで水晶の中に庭があるかのように見えます。癒しの効果が高いため、心の疲れを取り除いてくれます。体調が良くなる効果があるので中国などの中華圏では入院のお見舞いに使われています。

 

 

businessman3

 

ご主人が頑張り働いているのは奥様が一番よくみて心配しているのです。

そして健康で無事に退職をしたら、夫婦で次のステージを楽しみたいと願っています。旅行(海外、クルーズ、国内)そしてスポーツ(登山、マラソン)など楽しむ事は数えきれないほど待ち受けているのです。

そのためにも今できる「天然石パワーストーンを身につける」というリスクヘッジを自分自身や家族ためにかけておいてください。