4月の誕生石・水晶の効果

 

aprilsuisho1

 

日本人の多くは古来から神社・仏閣に参拝する慣習があります。

特に新年の三が日は初詣で神社やお寺にお参りする人で賑わいます。2014年のお正月の参拝には沢山の老若男女が神社に行きました。ある証券会社のデーターによると過去延べ9939人(2009年)が参拝しています。日本の総人口が1億2000人とすると4人のうち3人が初詣に出かけているということになります。

 

2014年に参拝した神社の上位第3位は下記です。

第1位は明治神宮で316万人、第2位は成田山新勝寺(千葉)305万人、第3位は川崎大師平間寺(神奈川)300万人です。この3つの神社の参拝数は20年間変わっていないそうです。

このようなデーターをみると景気の変動にも左右されていると言われます。長引く不景気で人は眼にみえないものに頼りたくなるのでしょう。また年始めに願をかける事で個々人が抱えている不安を解消したいという気があるかと思います。

そして古来からの日本人の民族性もあるかと思います。神社やお寺の参拝人口に反して少子高齢化が進み、国民の総人口が徐々に減ってきています。しかし、お参りする人口は変わらず、季節の節目節目を大事にする伝統が受け継がれています。

 

そして若い世代のパワースポットに惹かれる現象が大きく作用しているとも言われます。

月刊誌や女性誌には毎回パワースポット特集が組まれるほどです。それらをナビゲーターにして、その地に出かけている若い人も多いようです。その世代の男女は願望、癒しそして浄化(ストレスやネガティブ要素)を叶えるためにパワースポットに足を向けるのでしょう。

願望の中には婚活、就職、仕事運とさまざまなものがあると思います。癒しや気の浄化も同様で男女大差がないのも特徴的です。ひと昔前は地元の神社であれば、並んだりせずにお参りできたのが今では行列ができるともいわれ、年配者は驚いているそうです。

 

そういう社会現象の中で4月の誕生石である水晶はあらゆる願いを叶えてくれる万能石といわれます。

なぜパワースポットには必ず水晶があるのか?

 

aprilsuisho2

 

古来から神社・仏閣には水晶が埋め込まれたり奉納されているのは有名です。

水晶はパワースポットを訪れる人の願望成就や精神の安定(癒し)、そして浄化のパワーを強く持っています。そのパワーをもつ主のために最大限に発揮するのです。この事からパワースポットと水晶は切り離せない関係にあると思います。

 

人は悩んだり問題を抱えていたら、それはストレスになります。そのストレスを少しでも減らし、解消できたら気持ちが楽になります。そして新たに元気に働く事も出来るようになるでしょう。

水晶をもつ事でエネルギーを感じ、パワースポットを訪れる事でエネルギーを蓄える行為はもち主にとっては相乗効果になります。

あるいはわが家に水晶クラスターを置くのも方法の1つになるかも知れません。わが家にパワースポットの場を作り、癒しや浄化の空間とするのです。パワースポットを訪れるのも天然石を家に置いたり身につけるのも最善の選択だと思います。

 

aprilsuisho3

 

特に4月の生まれの方々はあらためて水晶を身につけてパワースポットに行くと驚くと思います。静寂な空気の中で気持ちが落ちつき、自分の悩みや姿が第三者的によく見え、何かの発見があるのではないでしょうか。

素直に今の自分を受け入れ前に踏み出す勇気をパワースポットから頂けると思います。

 

ちなみに4月生まれの芸能人に大泉洋がいます。

彼はマルチな才能をもつ俳優&タレントとして評価が高い人です。その彼の才能で今やTVのみならず映画でも主演を果たし活躍しています。映画ではアフタースクールや清州会議そして晴天の霹靂では賞を取りました。4月生まれの特徴の強いエネルギーをもつ人といえます。

4月生まれの方々は誕生石である水晶を身につけたり、持つことでこれまで顕在化していなかった新たなパワーを発揮できるようになります。

 

☆4月誕生石水晶を詳しくみてみる